若石健康法とは

若石と書いて、「じゃくせき」と読みます。

足裏から膝下にかけての64の反射区を

指を使ってまんべんなく刺激していく施術法。


施術を重ねるにつれて

人間が本来持つ自然治癒力をUPさせ、

病気に強い身体をつくることができます。

また、適応する反射区を集中的に施術することにより、

今すぐ改善したい症状に即効性を発揮するのが

若石式リフレクソロジーの強みです。


若石健康法の歴史

世界三大リフレクソロジーの1つと言われ、

現在、世界50ヶ所以上の国や地域に普及しています。

若石健康法が広まったキッカケは、

1970年代に台湾在住のスイス籍の神父

『ジョセフ・オイグスター』

(台湾名=呉 若石)氏が、

自分で足を揉んで持病のリウマチによる

膝関節痛を完治させたことがきっかけとなり、

台湾全土に広まりました。

「セルフメディケーション」という言葉を

最近耳にするようになりました。

「自分の健康は自分で守る」

これは若石健康法のモットーです♪

早めに気づき、

足のケアをすれば予防医学になります。

若石健康法は台湾を発祥の地とし、

ヨーロッパや東南アジアを中心に

世界で普及・実施されています。

1990年、WHO(世界保健機関)より、

国際若石健康研究会の努力は

健康全般における目標を実現するものであると

実績を賞賛されました‼!